暗号資産で海外の販売所を利用するメリット・デメリットをそれぞれ解説!

暗号資産で海外の販売所を利用するメリット・デメリットをそれぞれ解説!

暗号資産を始めようとしたときに最初にやる事は販売所(取引所)で口座を開設する事です。最初に選ぶ販売所と言えば国内の販売所から選ぶのが普通というか基本かと思います。わたしも最初に選んだのは国内の販売所であるGMOコインの販売所でした。今でもGMOコインで始めたことは間違いなかったと確信しています。

ただ暗号資産(仮想通貨)を勉強していくと海外の販売所で口座を作る事が必要になってきます。安全な暗号資産のガチホだけなら必要ないかもしれませんが、暗号資産(仮想通貨)を使って色んな事に挑戦したり、楽しむなら海外の販売所で口座を開設した方が良いと思っています。

ただ海外の販売所はメリットもありますがデメリットも存在します、今回の記事ではざっくりメリットとデメリットについてお話したいと思います。 

目次

暗号資産を使う際には販売所を正しく選ぶことが大事

暗号資産といえば仮想通貨とも呼ばれ、ビットコインが代表的でネット上でユーザー同士が直接、買ったり売ったりする取引ができます。このため、法定通貨とは異なり価格が大きく変動しやすく、差額で高い利益を出しやすいです。

その暗号資産を買ったり売ったりする場所が販売所で、販売所は国内だけでなく国外にもあり、国外の販売所では取り扱う暗号資産の種類が多く状況に合わせて選ぶ人も増えています。しかし、デメリットもあるため利用する前に確かめ、失敗をしないようにすることが大事です。

わたしがお勧めする国内販売所は暗号資産取引所のカテゴリーで口座開設の記事を設けているのでご覧ください、どの販売所もメリットデメリットがあるので複数口座を作る事を個人的にお勧めしています。口座開設だけなら無料で出来ますし、口座開設には時間がかからないのでサクッと済ませちゃいましょう。

最初に開設するのはGMOコインが良いと思いますよ。口座開設の記事を作りましたが、ぶっちゃけ販売所の口座を作るから入ってもらえば、指示に従うだけで簡単に作れちゃいます。

海外の販売所のメリット

一番のメリットは取り扱っている暗号資産の種類が多い事

海外の販売所は取り扱う暗号資産の種類が多く、国内ではない暗号資産も選べます。暗号資産はビットコイン以外のものはアルトコイン、その中でもマイナーなものは草コインと呼ばれています。草コインを買っていて一気に価値が上がり大金を手にした人もいます。国内の販売所で購入できる暗号資産はすでに価値が上がったものがほとんどです。

海外のNFTゲームで使われる暗号資産も購入する事ができます。わたしはSTEPNを始めて海外の販売所(バイナンスとBybit)の口座を作りました。

手数料が安く、高倍率のレバレッジ取引ができる

海外の販売所は国内と比べると手数料が安く、国内の販売所よりも高レバレッジをかけることができます、少ない資金で大きな利益を出したい人に向いています。

スプレッドが狭い

スプレッドは売値と買値の差額を表すもので、その差額が販売所の利益になります。海外の販売所は国内よりも狭くなっているので、国内の販売所で購入するよりも得です。

しかし、海外の販売所で取引をする場合、国内の販売所(取引所)で日本円から取引したい暗号資産を購入して海外の販売所へ送金しなければなりません、販売所によっては送金手数料が高額のところもあります、損をすることがないように選ぶことが大事です。

ゼロカットシステム採用で多額の借金をすることが無い

ゼロカットシステムがある販売所もあり、価格の変動で口座残高がマイナスになっても損失額を負担してくれます。このため、国内のように追加証拠金を請求されて借金を背負うこともなく、安心して取引ができることが特徴です。

海外の販売所のデメリットは

日本語のサービスに対応していない販売所がある

海外の販売所は日本語のサービスに対応していないケースが多く、トラブルが起きても問い合わせや相談が不可能です。このため、日本語対応であるか確かめないとトラブルが起きても対応できず、最初にチェックしてから利用する必要があります。

金融庁の許可を受けていない

次に国内の金融庁の許可を受けていないため、利用を推奨していないことが現状です。このため、トラブルが起きると自己責任で対応することになり、電話やメールなどで問い合わせができないと泣き寝入りをすることになります。

高レバレッジはリスクも高い

また、法規制のルールが国内と比べると緩めであるため、レバレッジを高く設定できますがリスクが高いです。高いレバレッジの販売所は少ない資金で大きな利益を出せる可能性がありますが、逆に失敗すると一気に大金を失うこともあります。

とは言え、ゼロカットシステムを採用している販売所であればそこまでハイリスクとは言えない。

このため、仮想通貨取引の初心者であればロスカットなどをきちんと覚えていないこともあり、いつの間にか損失が増えていることも多いです。

セキュリティが脆弱な販売所はハッキングのリスクも

そのほか、ハッキングが起きやすくセキュリティが脆弱だとリスクがあり、メリットだけで判断するといつの間にか資金を盗まれていることもあります。このため、データの管理が厳重に行われているか確かめないといつの間にか損をすることもあり、ある程度の経験を積んでから利用することが大事です。

海外の販売所を利用する際の注意点まとめ

海外の販売所は国内にはないメリットもありますが、ハッキングや高レバレッジの損失など、ある程度、海外の販売所を理解して利用するようにしないと失敗しやすく、日本語対応でなければトラブルが起きても問い合わせができなくて不便です。

国内の金融庁の許可を受けていないためトラブルが起きても対処してもらえず、利用する際には自己責任でする必要があります。暗号資産は100種類以上もあり価格が変動しやすく、海外の販売所は国内と比べると経営破綻のリスクが高いです。

国内の販売所から送金をする場合、手数料をしっかり確認し、その金額分を回収できるようにしないと損をすることになります。このため、初心者であれば最初は国内の販売所を選び、慣れてきたら海外の販売所で取引するようにしましょう。

最後に詐欺に注意です!あまり知られていない海外の販売所はレバレッジが高く一獲千金を狙えるなどのメリットを強調して勧誘する傾向があり、安易に誘いに乗らないようにする必要があります。

このように注意するところは多くありますが、慎重に使うようにすれば暗号資産を120%楽しめると思っています。

国民生活センターに寄せられた暗号資産のトラブル事例をまとめた記事はこちらです↓

おすすめの海外販売所

わたしが実際に使っている海外の販売所はこちらの2つです、とても有名な販売所でセキュリティも高いのでおすすめです。

Binance(バイナンス)

Bitcoinおよびアルトコインの世界最大の取引量を持つ取引所

Bybit(バイビット)

日本語の対応でわかりやすい、口座開設もスムーズ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる